メニュー

ヤギブログ

親知らずの抜歯は必要?

こんにちは。高円寺おやなぎ歯科 院長の小柳です。

 

よくある質問をご紹介します。

Q 親知らずが少し生えてきているのですが、抜歯したほうがいいですか?

 

A 親知らずは生え方や歯の向きなどで、悪い症状を出すかどうかが決まります。

 ①歯茎が腫れている場合

  まず炎症が起きているかが重要です。歯茎が痛い場合は、親知らず周囲に磨き残しが増えて、細菌感染している可能性があります。

  その場合はクリーニングや消毒をして、炎症を抑える処置が必要です。

  その後何度も繰り返すようなら、『余分な歯茎の切除をして腫れにくくする』『抜歯をする』などの治療が必要になります。

 

 ②親知らずとその隣の歯の間に虫歯ができている。

  この場合は親知らずの向きが重要です。親知らずがまっすぐ生えている場合は『虫歯の治療をする』だけで、いい場合もあります。

  親知らずが横を向いて、隣の歯にぶつかっている場合は、『抜歯をする』必要があります。そうしなければ、隣の歯を守れないことが多いです。

  親知らずの抜歯後は、隣の歯の虫歯の治療をしっかりと行います。

 

 ③噛むと親知らず周囲の歯茎が痛い。

  この場合は上顎の親知らずと下顎の親知らずの間に、まだ親知らずの上にあった歯茎があるため上下の親知らずに挟まってしまってる状態です。

  多くは『上顎の親知らずを抜歯』することをお勧めします。

  ※通常の生え方をしている場合 上顎の親知らずの抜歯は、下顎の親知らずの抜歯と比べて、かなり痛みが出る可能性が低く、簡単に治療が終了します。

 

 

 親知らずについては、気になったらあまり放置せず、お気軽にご相談ください。