メニュー

ヤギブログ

痛くない歯医者

こんにちわ!杉並区にある高円寺おやなぎ歯科ブログ担当の助手パンです。今回は高円寺おやなぎ歯科のこだわりの「痛くない歯医者」について記事にしたいと思います。

 

歯医者のイメージ

歯医者って「嫌なところ」「行きたくないところ」というイメージをお持ちの方が多いと思います。その理由は人さまざまで、「希望している治療をしてくれない」や「説明を聞いていないのに歯を削ったり、抜いたりする」や「専門用語で説明されてもわからない」や「痛くて苦しんでいるのに治療をやめてくれない」などが挙げられます。

そういえば、「痛かったら左手で上げてください」って言わて、痛くてたまらないから左手上げてるのに止めてくれないところがある!

確かに、歯医者によってはそういうところもありますね。

左手上げてるのに気にせず「もうすぐ終わりますからね~頑張ってください~」とかだけ言って激痛が続くところがある!

それは良くないね。患者さまの立場にたっていない歯医者かも知れないね。

高円寺おやなぎ歯科では「わたしたち歯科スタッフ自身が最も受けたい対応・歯科治療」をモットーにして「痛くない治療」のために取り組んでいることがあります。

 

痛くない治療への取組

痛くない治療を実現するために、当院では「麻酔」の打ち方にこだわりを持っています。治療もそうですが、そもそも麻酔を打つときの痛みは誰しもが苦手だと思います。患者さまが辛い思いをしないように、まずジェル状の表面麻酔や、一定の圧とペースで麻酔液を注入できる電動麻酔を取り扱っています。

表面麻酔は、歯茎を乾燥してから塗布し、麻酔が流れないようにしています。また、電動麻酔は表面麻酔の時間を置いたうえで、浅井部分から深い部分へ徐々に打っていきます。

この様に時間をかけて麻酔をすることで、患者さまが感じる痛みを和らげることができます。患者さまの中には、麻酔への不安や恐怖から体調を崩してしまう方もいらっしゃいます。そうならないためにも、患者さまの気持ちを汲み取り、優しく声かけをして診療を進めています。

ふむふむ。つまりどういうこと?

手間と時間を惜しまずに患者さまの痛みを和らげています。

院長ヤギじゃなくて他の先生たちでも痛くないの?

はい。当院の歯科医師には一番最初に「痛くない治療の提供」をできるように指導していますので安心してください!

ポイント1・ 注射の前に塗る表面麻酔をします

ポイント2・ 極細の注射針を使用します

ポイント3・ 麻酔液を温めます

ポイント4・ 電動麻酔注射でゆっくりと適切な量を注入します

今通ってらっしゃる歯科医院の治療や麻酔が痛くてたまらないと思ってらっしゃる方がいれば、もしかしたら、手間や時間を短縮するために表面麻酔をせずに、その麻酔をしていたり、その麻酔の針が太かったり、もしくは麻酔液が少なかったりしているかも知れませんね。

 

セカンドオピニオンの実施

当院では「セカンドオピニオン」も積極的に行っています。歯の治療には「1つの治療法」ではなく、何パターンもの治療法があります。

杉並区にも数多くの歯医者があります。そこの治療方法にご不安な点などがございましたら、セカンドオピニオンとして当院を選択してください。しっかり丁寧に診断させていただき、患者さまがそれぞれの治療法のメリット・デメリットをご理解いただき、患者さまご自身の価値観にあった治療法を選択しただけるように、当院では丁寧にご説明させていただきます。

次回は「歯の残り本数」について記事にしたいと思います♪ 以上、ブログ担当の助手パンでした!