メニュー

当院の特徴

各分野のスペシャリストが在籍しています。 各分野のスペシャリストが在籍しています。

当院の歯科医は全員が各歯科専門分野の出身

在籍する歯科医全員が、東京医科歯科大学の専門分野で学んだスペシャリストです。「無理なことはしない」治療を心がけ、学術的にも信頼できる確かな技術で治療にあたります。

「矯正治療」の専門医が確かな技術で治療

歯を長持ちさせるために。矯正治療の専門医が最新の技術と豊富な治療実績で、あなたのお悩みを解決します。

専門のトレーニングを受けた医師のみが使える
インプラント技術

当院では、医師の手の感覚だけに頼らない、最新技術「エールガイドシステム」を導入しています。これは、専門のトレーニングを受けた歯科医師のみが使用を認められています。院長の小柳医師は、インプラントの第一人者、皆川仁先生(皆川総合歯科クリニック院長)が主宰する講義(皆川インプラントセミナー)を受講し、その資格を有しています。

歯科技工士出身の院長が審美歯科を担当します

当院の院長小柳は、歯科技工士の出身です。だからこそ可能な、機能性を維持しながらも細部の再現性にまでこだわった技工物で、あなたの歯のお悩みを解決します。

日本審美歯科学会認定
「ホワイトニングコーディネーター」が在籍

正しい知識と豊富な経験を持つホワイトニングのスペシャリストが在籍しています。あなたの歯を白く美しくするお手伝いをいたします。

最先端の機器を導入。正確な診査・診断・治療を可能にします。 最先端の機器を導入。正確な診査・診断・治療を可能にします。

麻酔も治療も痛くない

極細の注射針と電動麻酔注射で、「麻酔も治療も痛くない」治療を心がけています。機器だけでなく、表面麻酔や麻酔液を温めるなど、痛くない治療のための手間は惜しみません。

「マイクロスコープ」で精密根管治療

「マイクロスコープ」とは、歯を検査するための巨大な顕微鏡のことです。これにより、肉眼では確認できないほど小さな歯の異常や隠れた根管などを正確に確認することができるため、診断能力が大幅に向上し、より精密な治療を行うことができるようになります。

X線量が少なく、より安全。
「デジタルパノラマレントゲン」

一般的に、デジタルレントゲンの被曝線量は少ないものですが、なかでも当院で使用しているPanoACT-ART Plusシリーズは、さらに低被曝線量で患者様に負担をかけることがありません。口腔内全体をパノラマ撮影しているにもかかわらず、口内デンタル撮影1枚分程度の被曝線量です。放射線による被曝量が非常に少なく、より安全なレントゲン撮影が可能です。

最先端インプラント治療「エールガイドシステム」の導入

インプラント治療では、インプラントを埋め込む際の正確性が何よりも重要です。当院では、医師の手の感覚だけではなく、正確に埋め込みをサポートしてくれるガイドシステム「エールガイド」を活用しています。従来のインプラント治療に比べ、このガイドに従って治療に専念できるため、より安全な治療を実現できます。

高円寺にある歯科技工所との密な連携で、
患者様にとって最良の義歯・かぶせ物を製作

歯科技工所とは、銀歯やセラミックなどのつめ物・かぶせ物、入れ歯などを作る工場のことです。一般的に歯科技工士は歯科医師の下請けという位置付けになってしまい、例え歯科技工士が患者様に最良のデザインや機能を知っていたとしても、歯科医師の注文通りに製作することが優先されます。そのため、必ずしも患者様にとって最良の技工物を製作できる環境とは言いにくいのが現状です。

しかし、当院がお願いしている技工所には、小柳院長が歯科技工士時代も含め20年以上共に勉強してきた歯科技工士がいます。だからこそ可能な対等な立場での意見交換と密な連携で、患者様にとって最良の技工物を製作いたします。

また、院内には院長専用の技工スペースがあります。歯科技工士の資格もある、院長ならではのこだわりです。

歯科技工所のご紹介

※準備中です。

世界基準の衛生設備

歯科ユニットウォーターライン除菌装置「ポセイドン」

歯科医院では、手や器具の洗浄、歯の治療、クリーニング、患者様がお口をゆすぐ時など、多くの場面で水が使われます。そこで当院ではユニット(診療台)内の衛生面を考え、治療に関わる工程で使われるすべての水を除菌するための装置「ポセイドン」で院内の治療水を全て機能水に置き換えています。除菌する際に薬剤を用いないので人体には無害です。

「ポセイドン」は、その大切な水を、人と自然に優しい電解中性機能水として、歯科ユニットや医院全体に通水させ、医院の水配管内の細菌などの繁殖を抑え、治療環境を衛生的に保つためのシステムです。

「ポセイドン」の仕組み
ポセイドンは一切の添加物を加えることなく水道水の残留塩素濃度を調節し、1ppmから4〜5ppmまで高めた「電解中性機能水」を作り出す装置です。この機能水は、殺菌力を持つにもかかわらず中性なので人間にも自然にも優しい水です。つまり、人と自然に優しく、殺菌力のある電解中性機能水が医院の配水管内に流れ、細菌の繁殖を抑えることで、より衛生的な治療環境を保つことができるのです。

実は問題視されていた治療用ユニットに付着する水の汚れ…

この動画のように汚れてしまっては、衛生的な治療など不可能です。歯科医で使われる診療台の給水管の汚染は、1960年代から報告され、問題視されてきました。さらに、1990年代には、診療台の給水管内に形成される『バイオフィルムによる汚染』が注目されるようになりました。治療環境の衛生管理に厳しい米国においては、既に1990年代に、歯科治療に用いる水に含まれる『従属栄養細菌数』について、以下のように基準を定めています。

・ADA(米国歯科医師会): 200 CFU/ml 以下
・CDC(米国疾病管理センター): 500 CFU/ml 以下

衛生的な治療環境整備の遅れている日本では、2007年にようやく「水質管理目標設定項目」に従属栄養細菌が追加されることとなりました。その目標値は、「1mlの検水で形成される集落数が2,000 CFU以下(暫定)」となっています。

※CFUとは、Colony Forming Unit(コロニー形成単位)の略で、細菌検査で用いられる単位です。1ml中の細菌を培養したときのコロニー数(つまり総数)です。

ヨーロッパ基準の滅菌器「クラスBオートクレーブ」

「クラスBオートクレーブ」は、小型高圧蒸気滅菌器のヨーロッパ基準(prEN13060)で、あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる機器です。今までの歯科で使用されている滅菌器よりもさらに厳しい規格に準じています。当院では、患者様ごとに滅菌済みのタービンに交換するなど、衛生面に細心の注意を払っています。

器具をムラのない強力洗浄「ハイパワーソニックHS-I」

滅菌器に加え、器具を洗浄する機器として「ハイパワーソニックHS-I」を導入しています。従来の低周波方式でみられた洗浄ムラを抑え、洗浄槽底面の特殊な形状の発振体から水に直接超音波振動を伝える「ダイレクション・ソニックストレス方式」を採用しているため、見えない部分の細かい汚れも強力に落とします。

歯医者でできる「口もとエステ」ヒアルロン酸導入セラピー 歯医者でできる「口もとエステ」ヒアルロン酸導入セラピー

最新の業務用フェイシャル美容機器を使用し、
ヒアルロン酸・プラセンタを注射針を一切使用せずに導入いたします。

ほうれいせん・こじわ・しみ・たるみが気になる方へ、「歯医者でできる口もとエステ」ヒアルロン酸導入セラピーをご提案いたします。時間はわずか15分~20分、注射針を一切使用しない安心・安全なアンチエイジング美容をぜひ体験してください。

担当スタッフはみんな専門の資格取得者だから安心。

担当スタッフは業務用美容複合機器「Elastic-G1™」の使用及びトリートメント方法に関し、所定の資格を有しております。

お子様連れの親御さんも安心。キッズルームに男女別のお手洗い完備。 お子様連れの親御さんも安心。キッズルームに男女別のお手洗い完備。

小さなお子様をお連れの親御さんも気兼ねなく治療に専念していただけるよう、キッズルームがございます。当院スタッフが目を離さないようにしっかりと見守ります。また、お手洗いはプライバシーに配慮した男女別にそれぞれご用意しています。心安らぐこだわりの空間でどうぞリラックスしてください。